就職の面接を楽しもう

学生時代の初めての就職活動では、とにかく緊張すると言う人が多かったのではないでしょうか。

就職の面接を楽しもう

就職の面接を楽しもう

学生時代の初めての就職活動では、とにかく緊張すると言う人が多かったのではないでしょうか。特に面接は悩みの種です。社会経験が少ないので当たり前といえば当たり前ですが、とにかく緊張してしまい力が発揮できなかった、という経験をお持ちのかたも多いはずです。これは大人になっても同様で、やはりなんであれ面接、というと少なからず緊張してしまう人がほとんどです。

なぜ面接というと緊張してしまうのか、それはうまくやってやろうという色気が出るからです。自分を普段よりよく見せよう、などと思うとたいていは失敗してしまいます。リラックスして臨みましょう、などとアドバイスされることも多いでしょうが、わかってはいても体が緊張状態から抜けきれない、そんな状態です。そんなときは、演じてみる、という視点から面接を受けてみるのもひとつの手です。今日は少しクールな感じでせめよう、今日は愛嬌のある人間として、などといった設定を決めて、悪く言えば遊びの要素を取り入れます。面接で素の自分が出せるひとなんてほとんどいないでしょう。だったら名優になった気持ちで演じるという手法です。決して無理をしてはいけませんが、逆にリラックスできる効果もありそうです。

Copyright (C)2016就職の面接を楽しもう.All rights reserved.